×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

セブンティーン オーデションは芸能界の登竜門!情報!

セブンティーン オーデションは芸能界の登竜門!

カテゴリー :セブンティーン オーディション

雑誌セブンティーンで、誌面に登場する専属モデルは「STモ」と呼ばれています。STモは一般公募のオーディション、ミス・セブンティーンで選出されたり(一般公募ではあるがモデル事務所に所属している者も多いようです)、モデル事務所からの編集部への売り込みなどで決まります。
その一方で、セブンティーンは10代少女向け雑誌のため、20歳近くになったモデルは卒業というかたちをとります。セブンティーンを卒業したモデル達は、引き続きモデルやタレントとして活躍する人も多く、芸能人の登竜門のようになっているこの頃です。
ミスセブンティーンは2007年度に関して言えば、5000人以上の応募者者のなかから一人選ばれるわけですが、最終の20人に絞られると雑誌紙面上やネット上で投票が行われ、最終的に選出されるようですね。オーディションはなかなか狭き門で、選ばれた子はやはりそれなりの輝きを放った子・・・ということなんでしょうね。スタイル、バランスなど昔のモデルさんのように背が高いとか、細いということではなく、なんとなく透明感のある、きらりと光るタイプの子が選ばれているような気がしますね。

コラム > セブンティーン オーデションは芸能界の登竜門!について書かれています。

コミック ロイヤル・セブンティーンとは?

カテゴリー :セブンティーン ロイヤル

映画ではなく、日本のコミックにもロイヤルセブンティーンというタイトルの少女漫画がありました。

出版社/著者からのロイヤル・セブンティーン内容紹介を引用すると、

「女子高生の華木(はなき)ルミナは、華木財閥の跡取り娘。いろ〜んなコトを体験したいお年頃なのに、恋でさえも親の決めたフィアンセがいてままならない。そんな窮屈な毎日にウンザリしたルミナは、ある朝、登校途中にひとり街へ出かけて行く。そこで出会った男のコに、反発しながらも惹かれてゆくルミナ。ところが彼の正体は…!? 」

小学館のCheese!で連載されていたこのコミックですが、少女漫画にしてはちょっと性描写も多くてどうかなと思う部分もあります。

作者の香代乃さんはこういったロイヤル・セブンティーンのような華麗な恋愛コミックや細かい描写の多いコミックを書いています。
恋愛系にはどうしても少しHなシーンが出てくることが多いのですが、今どきの中高生にとっては大して驚くようなレベルではないかもしれませんね。

ロイヤル・セブンティーンは3巻まであって、Amazonや小学館のホームページなどでも買うことができます。

コラム > コミック ロイヤル・セブンティーンとは?について書かれています。

コミック ロイヤル・セブンティーンの良いところ

カテゴリー :セブンティーン ロイヤル

香代乃さんの代表作品のひとつであるロイヤルセブンティーンは、財閥令嬢である女子高生の華木(はなき)ルミナが、親の束縛から逃げ出して自由奔放な世界へ飛び出すというストーリー。

その現実離れした設定と内容から、少女コミックファンの中でも賛否両論があり、香代乃ファンの評価も分かれているようですね。

それでは、ネット上の様々なロイヤル・セブンティーンに関するレビューから、ロイヤル・セブンティーンの良かったところをご紹介してみましょう。

■絵がきれい

香代乃さんの描く漫画は、背景や小道具などを細かく描写するのが特徴のひとつで、少女コミック界にはあまり見られない作風です。
少女コミックぽさの中にも男性コミックのような力強いタッチがありますね。

■ファッションやインテリアなどのセンスが良い

きっと香代乃さんは良い生活をしてきたのでしょう。
ロイヤル・セブンティーンの登場人物が着ているファッションや、部屋などのインテリアにセンスの良さを感じます。

その他にも、香代乃先生の世界観が好きなど、ファンならではのレビューも多いですね。

コラム > コミック ロイヤル・セブンティーンの良いところについて書かれています。